2011年01月29日

第13回床矯正フォローアップセミナー

今日は第13回床矯正フォローアップセミナーですが、午前中は診療です。
今日も埼玉から清水先生と金子先生が見学に来られてます。
本当に感心します。
もう何回目か分からないくらい来られています。
金子先生が熱心にメモを取られているので
「まだそんなに書く事があるんですか?」と声をかけると
「いっぱいあります。前にも気づいたけど、棚上げしてしまっている事なんかが
結構あるんですよ。それに気づいてやんなきゃと思うのがいいんです。」
新しいことを学ぶというよりはやろうと思っていたけどやっていない事に気づく。
とても大切な事です。
人間は忘れる動物。毎日忘却との戦いです。
そんな事を金子先生の言葉で気づかされました。
繰り返し見ることで忘れていた重要な事に気づく事の大切さ。

午後からは会場に移動して第13回床矯正フォローアップセミナーです。
今日も全国からたくさんの先生に集まっていただきました。
今回はスタンダードな症例が多く、内容を掘り下げて話すことができました。
特に唇側線の調整の大切さや閉鎖型装置の役割について
詳しくお話しすることができました。
P1020408.bmp P1020443.bmp P1020425.bmp

[セミナー内容]
[叢生]
1.
下顎位、被蓋関係を考慮して拡大量を判断する@A
2.
一見、拡大が不要に見えるが、必要なケース
3.
上顎を拡大すると44がシザースバイトになりそう 
4.
側方拡大時の唇側線の調整の重要性
5.
上顎骨の成長を促進する閉鎖型の使い方
6.
2の交差咬合をBKを使用せずに治療するには
7.
必要な6の後方移動量を判断する 
8.
6後方移動が必要かどうかの判断
9.
6の交差咬合を1歯の拡大で治療する
10.
下顎の偏位と臼歯部交差咬合 
11.下顎側方拡大後、6が交差咬合になり、下顎が偏位した。
[乳歯の早期喪失]
12.
臼歯部反対咬合とC早期喪失 
13.
床装置で下顎321123を前方に移動する方法 Dの早期喪失
14.Eの早期喪失 
[開咬]
15.
 舌房を拡げることで治癒するケース
17. BKと顎間ゴムを使用しても開咬が治らない 
   
       2の歯軸の傾斜を治したら根吸収をおこした
16-1.舌癖除去床を使用したが開咬が治らない
[下顎前突]
16-2
.下顎を拡大すると前歯が反対咬合になってしまった 
18.舌癖に対するバイオセラピーのすすめ方
[その他]
19.
 萌出遅延か否かの判断基準
20.
 下顎11の先天的欠如と正中過剰歯 
21. BK装着後上顎33のスペースを作るための、2112の空隙の閉じ方


セミナー後は懇親会です。
今回は中洲の川沿いのおしゃれなバーです。
おいしい料理を食べながら、熱く語り合っていると・・・

Birthday song が流れてきました。
当院のスタッフが私と井吉チーフのためにサプライズを用意してくれたのです。
私は明後日の31日、井吉チーフは25日が誕生日なのです。
ケーキと花束、みんなのメッセージ入りの色紙をいただきました。
横田先生とスタッフさんからもプレゼントをいただきました。
RIMG0998.bmp RIMG1003.bmp
外では川沿いで店員さんが花火を振り回してくれています。
小雪がちらつく、寒い夜に・・・素晴らしいサービス精神です。
いや、ホスピタリティといってもいいでしょう。
(森先生のブログにはそう書かれてました。)
http://bbs10.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=41230&code=761&action=edit&pid=&pline=0
こんなに多くの人に誕生日を祝ってもらったのは初めてかもしれません。
感謝感激です。
RIMG1004.bmp RIMG0997.bmp
後日、聞いたところによると井吉チーフが中心になって
仕掛けてくれたサプライズでした。
自分も誕生日なのに・・・
そういえば、懇親会の直前にキャンセルの先生が4人出たので
うちのスタッフが来ますといっていたのも、今思えば不自然でした。
今回はすっかりサプライズに乗せられてしまいました。
今泉先生が司会をする姿も頼もしかったです。
このようなスタッフに囲まれて、本当に私は幸せ者です。

2次会でもケーキを用意していただきました。
清水先生、笠原先生、ありがとうございます。
IMG_0473.bmp
おかげさまで最高の誕生日になりました。
フォローアップコースやってて良かったです。
これからもがんばります!

posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(1) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花田先生

セミナーで教えていただいたメールアドレスに送信したのですが、戻ってきてしまったのでこちらでコメントさせていただきます。

先日はフォローアップセミナーをありがとうございました。
今回は症例も見ていただき、大変勉強になりました。
さらに花田先生の誕生日のお祝いにまで参加させていただき、本当に楽しかったで
す。
タコスまでは体力がもちませんでしたが・・・。

懇親会で、2/27日の花田セミナーに入れていただけると言われたことを鵜呑みにし、
早速も仕込みさせていただき、無事受講することができるようになりました。
無理を聞いていただき、本当にありがとうございます。
当日のお話を楽しみにしています。

いつも質問攻めで申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。


しのはら歯科医院
篠原崇哲
Posted by 篠原崇哲 at 2011年02月02日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。