2010年11月23日

現役歯科医4名による開業前・開業後ステップアップセミナー

日曜日に引き続き、今日も東京でセミナーを開催します。
国際歯周内科学研究会主催の開業・開業後ステップアップセミナー。
場所は東京八重洲ホールで、東京駅に近く、とても便利な会場です。
はなだセミナーを行ったこともあります。

今回告知の期間が少なかったにも関わらず、
約70名もの先生方に来ていただきました。
P1020201.bmp
開業前の先生方はもちろん、研究会の会員の先生方にも来ていただきました。

司会はダンディーな岡部先生。
P1020203.bmp

生田先生がプロローグを話していただいました。
「開業を成功させるための方程式があり、
それをしっかりやれば、必ず開業は成功するのです!」
P1020206.bmp

福重先生は新規開業本音のホンネ、脱自営業 について
P1020231.bmp
私も福重先生の脱自営業のお話を聴いて救われた一人です。
開業医の先生は絶対一度は聞くべきです。

私は医院のシステム化、経営戦略について
P1020238.bmp
普段のセミナーではお話できない事を話すことが出来ました。
医院理念の重要性。
予診表と初診カウンセリングのシステム化。
患者さんとのコミュニケーションの大きなポイント。
これからの予防歯科について。
盛りだくさんでお話しました。

塚本先生は承継、改装について
P1020245.bmp
承継について語られるセミナーは他にはないのではないでしょうか?
自身の経験をもとに話される内容はとても説得力があります。
承継を行う親子にとって絶対聞いておくべき内容だと思います。

鷲沢先生はホームページ戦略について
P1020247.bmp
歯科界においてITの第一人者です。
歯科医師ならではの、その的確な分析と戦略は右に出る人はいないでしょう。
変なIT業者に引っかからないようにしましょうね。

最後に質疑応答。
P1020260.bmp
活発な意見交換がなされました。

受講生の皆様いかがだったでしょうか?
それぞれ自分のセミナーを持った4人の先生が
一度にお話をするというとってもお得なセミナーだったですね。
開業を控える先生はもちろんのこと、
すでに開業されている先生にもとても参考になる事が
盛りだくさんだったと思います。
歯科界の将来はとっても明るいものです。
ともにがんばっていきましょう!

ちなみに来年は7月に開催予定です。
posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

外科手技+OAMインプラントテクニカルコース

今日は東京は赤坂でOAMインプラントセミナーを開催します。
宿泊したホテルがTBSの目の前でしたので、
芸能人に会えるのでは?と期待しましたが、誰にも会いませんでした(苦笑)
TBS.bmp

今回のコースは従来のコースに加え、外科手技のレクチャーをしっかり行うため、
豚の下顎を使用します。
したがって、かなり実践的な内容になります。
受講生も5名という少数ですので、とても指導しやすい環境でした。
P1020185.bmp P1020193.bmp P1020197.bmp
今までも豚の顎を使用したことは何度もあるのですが、
実習のと途中で臭いにやられてしまい、嫌になってしまうので、
「ファブリーズを用意してください。」と事前に伝えていました。

しかし・・・・
1時間たっても全然臭くならないんです。
なんと、この豚はクール宅急便で鹿児島から直送してもらったそうで
冷凍ではなく、新鮮な生の状態のものだったのです。
すばらしい!!! こんなの初めてです。
これなら集中して勉強できますね。
下の写真は実習後の豚さんたちです。
P1020200.bmp

受講生の皆様、いかがでしたでしょうか?
複雑なテクニックは出来る限り避け、
基本を重視した、シンプルなテクニックのみをご紹介しました。
今回、特に伝えたかった事はしっかりとした切開、剥離の大切さや丁寧な縫合です。
このような基本的な事をしっかり積み重ねる事がもっとも大事です。

GBRなどの再生療法は高度な技術に思われがちですが、
基本的をしっかり積み上げると、とてもシンプルに行えます。
OAMインプラントも万能ではありません。
骨の烈開などが起きた際はインプラント埋入と同時にGBRを行うことも必要です。
このテクニックさえ身につけていれば、安心して手術を行えます。

午後からはレクチャーや実習が中心だったため、予想以上に時間がかかりました。
また、患者さんへのコンサルテーションについての新しいプレゼンも用意していましたので
なんと1時間も延長してしまいました。
長時間にわたり熱心に受講していただきありがとうございました。

それから新しい器具「カービングオーギュメーター」も注文しましたので
使用するのが楽しみです!
posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ツカモトセミナーに乱入

床矯正フォローアップセミナーの疲れもあるので
午前中はゆっくりして、昼からツカモトセミナーに参加しました。
当院からスタッフが6名ほど参加しています。
ツカモトセミナーは当院のスタッフに大人気です。

久しぶりに参加したのですが、
やはりグレードアップしていました!
特に最後の歯周内科臨床問題25問はとても参考になりました。
床矯正版の問題集を作るのも良いかもしれません。
その他にも色々なヒントをいただきました。
やはり再受講は大切ですね。
P1020155.bmp P1020154.bmp
塚本先生、ありがとうございました!

posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | スマイルなツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

床矯正フォローアップセミナー&いよし衛生士セミナー

今日は第12回床矯正フォローアップセミナーと
いよし衛生士セミナーの同時開催です。

同時開催といっても会場は違って、
フォローアップセミナーは福岡朝日ビル。
いよし衛生士セミナーはカボ福岡営業所です。
(ちなみに来年度はどちらも福岡朝日ビルで開催する予定です。)

今回は衛生士を同行される先生が多く、
いよしセミナーは満席。
フォローアップセミナーは定員オーバーの36名です。
そして提出症例数は40症例でした。
いつもの約2倍です・・・

P1020124.bmp P1020132.bmp P1020141.bmp

中国から帰ってきて、診療も忙しく、たまった雑用もあり、
40症例の準備が大変でした

疲れた体に充電するために、
木曜日に温熱療法を受ける予定だったのですが、
それもキャンセルする羽目になり、
満身創痍でのセミナー開催となりました(苦笑)

いつもDVD収録は20症例ぐらいですので、
今回はDVD収録を21症例、番外編を19症例としました。
40分ほど時間がオーバーしましたが、
なんとか40症例すべてを解説することが出来ました。
かなりしんどかったです。
きっと聴いている方もしんどかったかもしれません。

今回の反省を活かして、
来年度は30名の定員をしっかり守りたいと思います。
すでに来年度のフォローアップセミナーも
定員が間近になっている日もありますので
お早めにお申込ください。
申込・案内書はこちらです→フォローアップセミナー2011年度案内ブログ.pdf


いよしセミナーも無事に終える事が出来たようです。
懇親会はいよしセミナーに参加したスタッフの皆さんも合流して
大変盛り上がりました。
いよしセミナーに参加した衛生士さんの目が輝いて見えました。
やはり、衛生士には衛生士が講師のセミナーが良いですね。
モチベーションがかなり上がるようです。

皆様、お疲れ様でした!


posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォローアップコース受講生の感想

大阪府 N歯科医院 H衛生士
花田先生の話はとても分かりやすかったです。
自分の知識が深まったように思います。
今後、患者さんへの説明もしやすくなりそうです。
個人的に一番なるほどと思ったのは
閉鎖型装置は生体の代わりをしているという点でした。
唇側線が唇の代わりであることなどはとても説明しやすいです。
いつまで保定すればよいのかという悩みも解消できましたし、
私自身、もっとバイオセラピーや舌癖についても勉強しなければいけないと感じました。

愛知県 M先生
一人で抱え込んでいると大変ストレスです。
相談して花田先生に「こんなことはうちでもあるよ。」
と症例を見せていただくと、とても安心します。
特に予想外の事が起きた時の解決法を教えていただけるのは
本当に助かります。

静岡県 I先生
このところ総集編的な内容が続いていましたが、
今回は違った切り口でとても多くの気づきをいただきました。
帰ったら、早速確認したいケースがいくつもあります。
地元に戻って、仕事場にいくのが楽しみです。
ありがとうございました。

奈良県 M歯科 M衛生士
前方拡大装置の後にさらにブラケットで前歯を前方へ移動する方法
リトラクションワイヤー
切端咬合をボタン+顎間ゴムで被蓋を作る方法
など今まで知らなかった事を学べました。
明日からの臨床に役立てたいです。
posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

沖縄から見学に来られました。

モリヤデンタルオフィスの皆様が沖縄から見学に来られました。
P1020119.bmp
明日行われる、いよし衛生士セミナーに5名が参加されるということです。
5名ものスタッフを一度に福岡まで同行して、
セミナーに参加してもらうということは
院長にとってかなり決意が必要です。
診療室を休み、スタッフの旅費、セミナー代・・・
かなりの出費になります。
その決意はスタッフにもきっと伝わる事でしょう。
そして医院の成長にきっとつながります。

来年は沖縄で初めて、はなだセミナーを行いますので、
森谷先生、よろしくお願いします!
とっても楽しみです。


posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | スマイルな見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

2010年上海デンタルショー その3

1階は通常のデンタルショーと同じ雰囲気なのですが、
2、3階は全く違いました。
なんと、ブースで即売しているのです。
P1020045.bmp P1020046.bmp
北京デンタルショーではこのようなことはないようですが、
まさに熱い中国を感じる事ができます。
カーバイドバーやダイアモンドポイントなどの切削器具から、
印象用トレー、スケーラー、外科器具など、
あらゆるものが販売されていました。
それも格安で。

メタルブラケット上下20本セットがなんと200円!
セラミックブラケットが1000円!
もちろん怖くて使う気になれませんが・・・・

まさに田舎の歯科医者が買い出しに上京している感じです。
ダンボールをたくさんもって帰っている姿をたくさん見かけました。

ニッシンのブースですごいものを見ました。
P1020048.bmp P1020049.bmp
教育用のマネキンですが、タービンで削る様子が
リアルタイムにコンピューターグラフィックでモニターに映し出されます。
中国では歯科医不足のため、たくさんの歯学部が新設されているそうで、
このようなハイテク器械の需要が増えるでしょう。

P1020042.bmp P1020044.bmp

期間中は千葉の康本先生の計らいで、ニッシンのヤン社長を交えての
おいしいお食事をすることも出来ました。
そして色々なお話をすることが出来て、有意義な時間を過ごせました。

今回、熱い中国に触れて刺激をかなり受けました。
もっと日本もがんばらなければと強く思いました。

posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年上海デンタルショー その2

技工所のブースには矯正関連のものも多くありました。

ケルンデンタルショーではなかなか見つけることが出来なかったのですが、
床装置もいくつか見ることが出来ました。
P1020022.bmp
こちらはASOと提携している技工所です。

P1020026.bmp P1020025.bmp
広東省の大きな技工所です。
1500名の社員がいるようで、設備のレベルも高そうです。
日本にも窓口の歯科医院があるようです。

P1020057.bmp P1020058.bmp
ここは上海の技工所です。
技工物のレベルは決して低くないです。

中国の技工に関しては、日本ではまだ賛否両論ありますが、
他業種を見ても世界的な流れには逆らえないでしょう。
やはりピンキリだとは思いますが、
デンタルショーに出展している技工所のレベルはかなり高いように見えました。
欧米からの受注が多いようです。

日本では技工士の離職率が高く、若い技工士が減っています。
技工士学校もたくさん閉校になっています。
海外にお願いする日は必ず来るでしょう。
安いからお願いするのではなく、日本では作れないからお願いする日が。

posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年上海デンタルショー その1

11月2日〜5日まで開催された上海デンタルショーに行ってきました。

P1020051.bmp P1020040.bmp P1020041.bmp

海外のデンタルショーは昨年のドイツ・ケルンデンタルショー以来です。
中国の熱さをしっかり感じてきました。。

会場は1〜3階まであり、熱気ムンムンです。
まずは一階から。
KAVOのブースではドレスを着たきれいなモデルさんがチェアーにすわって
色々な説明が行われていました。
P1020028.bmp
こんな格好で来る患者さんはいませんよね(笑)
高級感を演出するためでしょう。
華やかなブースでした。

中国の都市部、上海などは衛生局の調査が厳しいので
意外に滅菌がしっかりしています。
中国製クラスBのオートクレーブをたくさん見かけました。
P1020019.bmp P1020029.bmp 
P1020052.bmp P1020053.bmp

当院ではクラスBであるLISAを導入していますが、
日本の歯科ではほとんど普及していないのが現状です。
写真の滅菌機は26800元。日本円で400000円。
日本のほぼ半額ですね。

CTやインプラントの展示も多く見かけました。
世界的な流れですね。
P1020017.bmp

当院でも導入しているSLAキットもありました。
P1020023.bmp
これは韓国の会社が作ったもので
とっても優れものです。
ソケットリフトが安全に、かつ簡単に出来ます。
サイナスリーマーなど似たものがありますが、
これが一番優れています。
韓国のインプラントパワーは上海でも健在です。

セラミックの築造?のデモを行っています。
P1020020.bmp
女性ばかりです。

見覚えのある本を発見!
P1020021.bmp
近藤悦子先生の著書の中国語版です。
話を聴くと、義理の息子さんが翻訳されたようです。
びっくりしました。
中国でも沿岸部から徐々に矯正の需要が増えているようです。
他にも矯正のブースが多い事に驚きました。

こんなものを発見!
P1020055.bmp
T4Kトレーナー!

面白いもの発見!!!
P1020033.bmp
矯正用の結さつゴムです。
よーく見ると・・・・・・

P1020037.bmp P1020035.bmp P1020036.bmp
お花!               ミッキー!           にゃん子!

これはナイスアイディアですね。
子供たちが喜びそうです。
アソートのものを買いました。
1袋60元でした。安い!

しかし・・・・
診療室で試したところ。
お花はすぐにちぎれて、なかなか結さつ出来ませんでした。
苦労して着けましたが・・・
P1020116.bmp
ミッキーというより、クマさん。
お花というより・・・・・

上手くいかないものですね。
posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(0) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

現役歯科医師4名による開業セミナー

緊急告知!!
来たる11月23日に「現役歯科医師4名による開業セミナー」を開催します!!!!
<内容>

それぞれが単独で講習会を開催している歯科開業医4名が一堂に会して、
開業・承継などにまつわる極めて実践的かつ実戦的な内容をお話しします。

対象は開業を目指す若い歯科医師の皆さん、歯学生さん、
開業したばかりの院長先生、医院継承や医院の変革を志す院長先生です。

内容は歯科医院経営に関する事を多岐にわたって取り扱う事になりますので、
開業済みの先生方にとってもお役に立つセミナーなのではないでしょうか?

開業セミナー.jpg

「歯科医院生き残り戦略」 花田 真也 先生
(福岡県大野城市開業 国際歯周内科学研究会 九州地区インストラクター)

「新規開業本音のホンネ」 福重 真佐子
(大阪府河内長野市開業 国際歯周内科学研究会 関西地区インストラクター)

「医院継承のポイント」 塚本 高久 先生
(愛知県名古屋市開業 国際歯周内科学研究会 中部地区インストラクター)

「開業時のホームページ戦略」 鷲沢 直也 先生
(新潟県新潟市開業 国際歯周内科学研究会 評議員・IT顧問)

私もお話させていただきますが、
医院における初診患者のシステム構築法など
はなだセミナーなど他のセミナーでは
お話していない内容です。
すでに開業されている先生にも必ずお役に立てると思います。
ぜひ、ご参加ください!

お申込はこちら

一般社団法人国際歯周内科学研究会開業セミナー.pdf
posted by 研究所 所長 はなだしんや at 00:00| Comment(1) | セミナー&学会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする